ど^う^もクマです。

先日、念願の酒蔵見学に行ってきました。

場所は横手市平鹿の浅舞酒造さん。

半径5キロ以内の地元の米だけで醸す

こだわりの日本酒

『天の戸』

名前の由来は、天照大神に出てくる

天の岩戸。瓶に描かれている勾玉も

その由縁となっています。

平成元年の級別制度の廃止や女性杜氏誕生など

様々な変革を遂げた時代。そんな

平成を彩った日本酒12本に選ばれています。

大正から100年以上受け継がれてきた

蔵の歴史や伝統を学びながら

蔵の命の伏流水。

酒米を育てた湧き水が冬にお酒を育てます。

蔵見学の後は、さあ試飲です。

今回は、南通りの『はれとけ』さんと

山王『すし こじま』さんの有料特別合同企画で、

お弁当と浅舞酒造さんから提供して頂いた

酒粕料理を肴に、日本酒を楽しみました。

 

何年も夢見た酒蔵に来れて、

大好きな天の戸の、こだわりや優しさに触れ、

もっともっと好きになりました。

楽しくて幸せな1日でした。

ありがとうございました。